2017年06月29日

ベーカーだけど前

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

私には関係ないと思っていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」と相手にされませんでした。それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってサプリを飲むようになりました。飲んでしばらくしてから、次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。

妊娠したいときに必要なのが葉酸のサプリメントです。

これは妊活中の方にはもちろんのこと、赤ちゃんができてからも生まれてからも、継続して摂取した方がいいのです。


葉酸のサプリは母親の体にも、赤ちゃんにとっても体にとても良いと考えられています。とりわけ女の人の体には妊活中から出産後まで、継続して葉酸がいると厚生労働省でも言われてます。

子供を産みたいと妊活を続けている方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。
一例として、長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、そこで売っているお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。

それ以外にも、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、複数のアイテムを持ってみてもいいと思います。

特別に葉酸を添加した食品は目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。これが消費者庁の認可を受けたことを示しており、申請に基づいて審査をして認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。


この特定保健用食品のマークがあれば特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの明示になっており、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも選ぶ際、ぜひ参考にしましょう。葉酸は厚生労働省が公の指定で、妊娠初期から摂取する事が好ましいと公表している栄養素です。



妊娠を 願う女性であれば妊娠する前から、摂取し始める事が有効で子供の先天性奇形を減らすために関わります。
サプリで摂り入れる毎日必要栄養所要量の葉酸が摂取出来ます。
http://www.georgispetwear.com/
妊活という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。


この言葉は、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。性交をしさえすれば、100%妊娠するわけではないので、子供が出来るといいなと考えている家庭においては、妊娠しやすくするためになされる方法ということです。


それのみならず、授かる赤ちゃんが健康であるためのいろいろな活動も含まれます。

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。


妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてください。

なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。女性のみならず男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
精子が活性化することをサポートする効果があるのです。

健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。病院などでも妊娠初期段階において特に摂取を推奨される葉酸という水溶性のビタミン B 複合体ですが、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長が活発に行われている時期であるため、欠かせません。
足りないと胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など赤ちゃんの成長に大きな影響を与えるかもしれません。
1日に摂るべき量は、およそ400ug程度です。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。



それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿とか汗で流出します。そのため、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、指示された分量と用法を守ってください。妊娠初期の段階では赤ちゃんの細胞形成にあたる大事な時期だと言われています。

その時期に葉酸が不足すると赤ちゃんの先天性奇形率が上がるとされているのです。

なので、妊娠を希望する女性であれば妊娠の前から意識して葉酸の摂取が大事ですし、妊娠初期にもサプリメントによって日々、できるかぎり補充するのが効果的です。



Posted by けもいれき at 04:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。