2018年05月26日

西田のターナー

どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。



手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。



しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。



リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つとされています。


とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
http://www.adultsite-review.com/



あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。



さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすのが無難です。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。



様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。




Posted by けもいれき at 19:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。